スポンサーサイト

  • 2009.05.18 Monday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


下半身やせと水分摂取

下半身やせを目指すためには、水を多く飲みましょう。


水を多く飲むと体の代謝が良くなります。例えば、水分を多くとればトイレにいく回数も増えますよね?これは、代謝が良くなっている、ということのわかりやすい例です。

また、代謝が良くなることで脂肪の燃焼速度も上がります。また、血液が水分を多く含みサラサラ血液になるので、同時に血液循環も良くなり、老廃物・有害物質を対外に排出する速度も上がります。

当然、下半身やせにも効果が出るのです。


水を多く飲むとはいっても、下半身やせのために有害な成分を一緒に取り込んでしまっては意味がありません。

例えば、カフェインを多く含むコーヒー等で水分を確保してしまうと、下半身やせに効果があるミネラル・ビタミン等が失われてしまう結果となります。

ですので、下半身やせを目指すならば、水分は「水」、「麦茶」等、カフェインが含まれていない飲み物で補給するのがおすすめです。


下半身やせのためアルコールは控える

下半身やせを目指すためにアルコールの摂取は控えましょう。

たしかに、「酒は百薬の長」とも言われるとおり、アルコールを少量摂取する分には、体に好影響を与えることもあるようです。

でも、アルコールは、それ自体、カロリーが高いことに加え、アルコール分解の過程で多くのミネラルを消費します。

さらに、アルコールを飲むと、どうしてもほしくなるのが「おつまみ」。でも、この「おつまみ」にはチーズ、ピーナッツ等、カロリーの高い食品がたくさんあります。

ビール+おつまみを食べていると、、、下半身やせにはほど遠い、というイメージは理解できると思います。


アルコールを多量に摂取すると、直接的にも間接的にも下半身やせに悪影響を及ぼします。


下半身やせのためカフェインは避ける

下半身やせを目指すためにカフェインの摂取は控えましょう。

カフェインを摂取すると、カリウム、カルシウム等のミネラルやビタミンB、Cといったビタミン類を消費してしまいます。

これらのミネラルやビタミンは体の調子を整えるうえで重要で、もちろん下半身やせを目指すうえでも重要な栄養素です。

カフェインをとってしまうことで、これらのミネラル・ビタミン類が消費されてしまうと、栄養バランスが崩れ、当然セルライト解消や、下半身やせ解消にも悪影響を及ぼす可能性があるのです。


ところで、カフェインはコーヒーをはじめ緑茶・紅茶や、ココア・チョコレート等主に嗜好品に含まれています。

下半身やせを目指すならば、これら食品の摂取量も少しづつ減らしていくか、カフェインが含まれていない食品に切り替えていきましょう。


下半身やせのため、ビタミン・ミネラルをとる

下半身やせを目指すためにはビタミン・ミネラルは積極的に取っていく必要があります。

ビタミン・ミネラルは体の働きを調整する機能があり、バランス良くとれば、体の調子がとてもよく保ってくれます。

下半身やせを目指すにあたってもこれは重要です。

体の調子がいいということは、血液循環や水分の循環、老廃物の除去がうまく行われるということを意味しています。

そうすれば、下半身太りの原因であるセルライト除去にも効果がある、ということになります。


具体的なビタミン・ミネラルの例をあげると、ビタミンC、カリウム・マグネシウム等があげられます。

ビタミンCは活性酸素で血管が傷つけられるのを防ぐ効果があります。また、カリウム・マグネシウムは体内の余分な水分を排出してくれます。


下半身やせとタンパク質の取り方

下半身やせを目指すためにはタンパク質の取り方に気をつける必要があります。

タンパク質は体を構成する「アミノ酸」の原料となる物質で、体調を維持していくうえでは欠かせません。

そのため、タンパク質は下半身やせを目指しているとはいえ、積極的に摂取する必要があります。


タンパク質は、肉・魚・卵・乳製品等に含まれる動物性タンパク質と豆類などに含まれる植物性タンパク質とに分けられます。

タンパク質を摂取する際には、この動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランス良く摂取する必要があります。

また、特に動物性タンパク質を含む食品には脂肪も多く含まれていることが多いため、食品は慎重に選ぶ必要があります。

基本的には、鳥のササミ等、高タンパク低カロリーの食品を中心として、他の動物性食品を少しずつ食べて、バランス良くタンパク質を確保する、というのが下半身やせを目指すには、いい方法だと思います。


下半身やせと脂肪の取り方

下半身やせを目指すためには脂肪の取り方に気をつける必要があります。

下半身やせを目指す以上、脂肪はできるかぎり摂取しないようにするのが原則です。

ただし、脂肪も体に必要な栄養素であることには違いありませんので、下半身やせを目指すとはいえ、ある程度は脂肪もとっていく必要があります。


ところで、脂肪にも良質のものとそうでないものがあるのを知っていますか?

良質な脂肪としてあげられるのが「EPA(エイコサペンタエン酸)」。これは、主にイワシ・アジなど青魚を中心とした魚介類に多く含まれている脂肪で、「ペンタ不飽和脂肪酸」の一種で、頭のよくなるサプリメント等と言われて宣伝されているものです。


一方で、脂肪でできるだけ控えたほうがいいのは「トランス脂肪酸」。マーガリン等に含まれているとされ、ファーストフード店で使われている調理用油脂にも多く含まれているといわれています。

トランス脂肪酸は、最近雑誌等でも報道されているとおり、体に悪影響を及ぼすとされており、下半身やせにも大敵です。

できる限り、トランス脂肪酸はとらないように心がけましょう。


下半身やせのための糖分の取り方

下半身やせを目指すためには糖分の取り方に気をつける必要があります。

糖分は、ケーキ等のお菓子類だけでなく、お米・パンなどの主食等様々な食品に含まれています。


糖分は、エネルギー源としてすぐに使われないと脂肪に形を変えて貯蔵されます。そのため、下半身ダイエットを目指すにあたっては、当然、無駄な糖分は控える必要があります。

ただ、日常活動するためのエネルギー源となるため、下半身やせをめざすとはいえ、ある程度は摂取する必要があります。


そこで、下半身やせを目指すにあたり、ポイントとなるのは糖分の摂取の仕方です。

実は糖分を摂取しただけでは、日々のエネルギーとしては活用されません。

日々のエネルギーとして活用されるためには、糖分に加えてビタミンBを取る必要があるのです。

もし、糖分だけを摂取してしまうと、せっかくの糖分がエネルギーとしては使われず、その多くが脂肪として蓄積されてしまうのです。これでは、下半身太りになっても仕方がないですよね


ですから、糖分を摂取する際には必ずビタミンBと合わせて取るよう、心がけていく必要があるのです。

この点お菓子類は、糖分や脂質が主で、ビタミンBは含まれていないことがほとんどですので、お菓子類は、やはり控えるべきです。

お米等、通常の食品で適量の糖分をとっていくこと、これが下半身やせに効果的です。


下半身太りとセルライト肌

下半身太りの原因となるセルライト。このセルライトができた皮膚は、外見でわかります。

オレンジピールスキンという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

セルライトができてしまった肌は、このオレンジピールスキンの状態になるのです。


オレンジピールとは「オレンジの皮」のことを意味しています。

セルライトができると、皮膚がまるでオレンジの皮のようにデコボコの状態になってしまいます。そのため、このような皮膚を「オレンジピールスキン」というのです。


セルライトができた状態というのは血液循環やリンパ液の循環がうまくいっておらず、老廃物や水分がうまく排出されていません。

そのため、皮膚表面の脂肪細胞の周りの水分が、皮膚の様々な場所に浮き出てくるような格好となり、デコボコした皮膚になってしまうのです。


他にもセルライトができた肌は下記のような症状が出ることがあります。

  • 肌のかさつき
  • 肌の温度が低くなる
  • 肌に内出血・アザができやすくなる

セルライトが下半身にできる原因とは

セルライトは血液循環やリンパ液の循環がうまくいかないことにより脂肪細胞が変成してできます。

そのため、セルライトはどうしても上半身よりも下半身のほうにできやすくなってしまいます。


血液の循環は、心臓がポンプの役割を果たして体中に血液を行き渡らせていて、心臓に戻る力は、やや弱くなっています。

下半身の場合、心臓よりも下にあることから重力の影響もあり、血液の循環が悪くなってしまいがちなのです。

同様に下半身は「むくみ」なども生じやすく、水分・老廃物等も排出されない傾向にあります。

下半身はこのように、血液循環やリンパ液の循環がうまくいかずに、脂肪がセルライトに変化していく傾向は強くなってしまうのです。

そして、下半身のほうがセルライトが貯まりやすく結果として下半身太りが生じてしまうのです。

下半身やせを目指すためにも、このようなセルライトができる原因を意識しましょう。


セルライトができる原因とは

セルライトができる主な原因は血行不良です。

脂肪細胞は、常に脂肪を排出するとともに新たな脂肪を取り込んでいます。

ところが、血行不良になると、脂肪を排出しづらくなり、どんどん脂肪細胞が膨らんでしまいます。


セルライトができる原因として、もうひとつあげられるのはリンパ液の循環がうまくいかないことです。

組織の余分な水分や老廃物はリンパ管により吸収されるのですが、このリンパ液の循環がうまくいかないと、水分や老廃物が脂肪細胞の周りに貯まっている状態になるのです。


このように、脂肪・老廃物・水分がうまく排出されないと、脂肪細胞は周りの脂肪細胞とくっついて、どんどん固い組織へと変化していきます。

そして、ついに脂肪細胞が変質してセルライトと呼ばれる状態になってしまうのです。


なお、セルライトができる原因としては、他に「老化現象」や「代謝機能の不足」もあげられています。


相互リンク募集

相互リンク依頼を募集中です。

なお、あらかじめ当サイトへのリンクを掲載した上で、申し込みをしてください。

相互リンクはこちらをクリック!

selected entries
categories
archives
search this site.
others
ダイエット 相互リンク集
ダイエットリンク1
ダイエットリンク2
ダイエットリンク3
ダイエットリンク4
ダイエットリンク5
ダイエットリンク6
ダイエットリンク7
ダイエットリンク8
ダイエットリンク9
ダイエットリンク10
mobile
qrcode
PR
節約 生活
アイワイカード