<< 代謝と下半身太り | 下半身やせ と 下半身太りトップ | セルライトが下半身にできる原因とは >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.18 Monday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


セルライトができる原因とは

セルライトができる主な原因は血行不良です。

脂肪細胞は、常に脂肪を排出するとともに新たな脂肪を取り込んでいます。

ところが、血行不良になると、脂肪を排出しづらくなり、どんどん脂肪細胞が膨らんでしまいます。


セルライトができる原因として、もうひとつあげられるのはリンパ液の循環がうまくいかないことです。

組織の余分な水分や老廃物はリンパ管により吸収されるのですが、このリンパ液の循環がうまくいかないと、水分や老廃物が脂肪細胞の周りに貯まっている状態になるのです。


このように、脂肪・老廃物・水分がうまく排出されないと、脂肪細胞は周りの脂肪細胞とくっついて、どんどん固い組織へと変化していきます。

そして、ついに脂肪細胞が変質してセルライトと呼ばれる状態になってしまうのです。


なお、セルライトができる原因としては、他に「老化現象」や「代謝機能の不足」もあげられています。


スポンサーサイト

  • 2009.05.18 Monday
  • -