<< 下半身やせと水分摂取 | 下半身やせ と 下半身太りトップ | 下半身やせ食事法-素材の味を楽しむ >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.18 Monday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


下半身やせと塩分

下半身やせを目指すためには、塩分が多い食事は避けましょう。

塩分(ナトリウム)は、水分を体にとどめる性質があります。

そのため、塩分(ナトリウム)摂取が多くなると、水分が体内から排出されずらくなり、「むくみ」等の原因となります。

また、水分が対外に出ないことから、老廃物の除去も、うまく進まなくなってしまいます。

その結果、脂肪細胞がセルライトに変わっていき、下半身太りを招いてしまうことにもなりかねません。


下半身やせを目指すにあたり、塩分(ナトリウム)は、現代社会では意識しないでも多い目に摂取することになりますので、意識的に塩分(ナトリウム)の摂取を控えることが重要です。

また、利尿作用(水分を排出させる働きのある)カリウムには、塩分(ナトリウム)の働きをうち消す効果がありますので、下半身やせを目指すならば、意識的にカリウムを多く摂取するのがおすすめです。

ダイエット中の子育てママ日記>


スポンサーサイト

  • 2009.05.18 Monday
  • -