スポンサーサイト

  • 2009.05.18 Monday
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


下半身太りとセルライト肌

下半身太りの原因となるセルライト。このセルライトができた皮膚は、外見でわかります。

オレンジピールスキンという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

セルライトができてしまった肌は、このオレンジピールスキンの状態になるのです。


オレンジピールとは「オレンジの皮」のことを意味しています。

セルライトができると、皮膚がまるでオレンジの皮のようにデコボコの状態になってしまいます。そのため、このような皮膚を「オレンジピールスキン」というのです。


セルライトができた状態というのは血液循環やリンパ液の循環がうまくいっておらず、老廃物や水分がうまく排出されていません。

そのため、皮膚表面の脂肪細胞の周りの水分が、皮膚の様々な場所に浮き出てくるような格好となり、デコボコした皮膚になってしまうのです。


他にもセルライトができた肌は下記のような症状が出ることがあります。

  • 肌のかさつき
  • 肌の温度が低くなる
  • 肌に内出血・アザができやすくなる

セルライトが下半身にできる原因とは

セルライトは血液循環やリンパ液の循環がうまくいかないことにより脂肪細胞が変成してできます。

そのため、セルライトはどうしても上半身よりも下半身のほうにできやすくなってしまいます。


血液の循環は、心臓がポンプの役割を果たして体中に血液を行き渡らせていて、心臓に戻る力は、やや弱くなっています。

下半身の場合、心臓よりも下にあることから重力の影響もあり、血液の循環が悪くなってしまいがちなのです。

同様に下半身は「むくみ」なども生じやすく、水分・老廃物等も排出されない傾向にあります。

下半身はこのように、血液循環やリンパ液の循環がうまくいかずに、脂肪がセルライトに変化していく傾向は強くなってしまうのです。

そして、下半身のほうがセルライトが貯まりやすく結果として下半身太りが生じてしまうのです。

下半身やせを目指すためにも、このようなセルライトができる原因を意識しましょう。


セルライトができる原因とは

セルライトができる主な原因は血行不良です。

脂肪細胞は、常に脂肪を排出するとともに新たな脂肪を取り込んでいます。

ところが、血行不良になると、脂肪を排出しづらくなり、どんどん脂肪細胞が膨らんでしまいます。


セルライトができる原因として、もうひとつあげられるのはリンパ液の循環がうまくいかないことです。

組織の余分な水分や老廃物はリンパ管により吸収されるのですが、このリンパ液の循環がうまくいかないと、水分や老廃物が脂肪細胞の周りに貯まっている状態になるのです。


このように、脂肪・老廃物・水分がうまく排出されないと、脂肪細胞は周りの脂肪細胞とくっついて、どんどん固い組織へと変化していきます。

そして、ついに脂肪細胞が変質してセルライトと呼ばれる状態になってしまうのです。


なお、セルライトができる原因としては、他に「老化現象」や「代謝機能の不足」もあげられています。


セルライトとは

セルライトとは、脂肪が形を変えて固くなってしまったものをいいます。

セルライトは、皮膚表面のすぐ下にできます。また、セルライトは、体のどの部分にもできます。

ただ、セルライトができやすい体の部分があります。セルライトができやすい部分、、、それは、太股やふくらはぎ等の「体の下半身」です。

下半身が太ってしまう原因の多くがこのセルライトが原因になっていることが多いのです。


セルライトは、もう少し詳しくいうと、脂肪細胞が水分や老廃物等を取り込んで固くなってしまったものをいいます。このように、セルライトは、通常の脂肪とは異なるものです。

そのため、セルライトは脂肪に比べて、通常のダイエットでは落ちにくく、これが下半身やせ が難しい原因になっているのです。